アトピーは運動をした方が改善するかも?汗で染みて痒いけど涙

投稿日:

Facebook にシェア
Pocket

今回のテーマは、「アトピーと運動」です。

アトピーでお悩みのあなたは普段運動をしていますか?

恐らくあまり運動をしている方は少ないのではないでしょうか?

私も以前はそうでした。

理由は、

「あまり外に出て人前でアトピーの肌を見られたくない。」

「汗をかくとアトピーに染みるので運動をしたくない。」

まさにこの2点に尽きるのではないでしょうか?

そんな「アトピーと運動」をテーマに、運動の大切さを、今回は私なりの経験をもとに考えをまとめてみました。

ちなみに現在私は、週4で自宅近くのスポーツジムで、筋トレとウォーキングを実践しています。

運動がよい理由

アトピーにとって運動がよい理由は、以下の通りです。

ストレス解消

アトピーが酷いとやはりヒトに会いたくない気持ちから、心が塞ぎがちになり、家に閉じこもってばかりになります。(当然強いストレスを抱え込むようになります。)

そしてストレスが増加すると、体内に活性酸素が大量に発生するので、アトピーも発症しやすくなります。

そんな時に適度な運動はストレスを発散(解消)する事にも繋がります。

新陳代謝や保湿効果を促す

運動で汗をかく事で、痒みが増して、アトピーが悪化しやすくなると思われがちですが、実は汗には、「身体によい汗」と「身体に悪い汗」の2種類があります。どちらも体温を下げる為に人間の生理現象の1つではありますが、決定的な違いがあります。

「身体によい汗」
さらっとしていて、すぐに蒸発するので、服についてもベタベタせずに、匂いも少ない。
「身体に悪い汗」
じと~っとしていて、服にもべたつく皮脂分の多い汗で、匂いもあり、蒸発しにくい。

ちなみに汗の成分は99%が水で、残り1%が塩分で構成されています。
よって匂いの原因は、汗そのものが原因ではなく、皮脂の表面に存在している常在菌が、皮脂や皮膚表面の汚れを食べて分解する事で作り出されるニオイです。

特に夏場に大量にかく汗は、ベタつき感のある塩分濃度の高い汗。つまり身体に悪い汗です。
(大量に汗をかくと同時に、汗に含まれている塩分が、身体から失われる事になるので、熱中症の危険性が非常に高まります!)

その一方で、常日頃から運動を行う事で、季節に関係なく、運動によって体温の上昇による汗をかきやすい環境が出来上がっているので、暑い夏でも順応性があり、塩分濃度の低い、身体に良い汗をかくようになります。その為に熱中症の予防にも繋がります。

そして肝心のアトピー効果についてなんですが、良い汗をかく事で、溜まった老廃物を排出させて、新陳代謝をよくしてくれる働きもあります。

さらに汗をかく事で、実は保湿効果もあります。
具体的な仕組みとしては、汗をかく事で皮膚の角質層に水分が補給されて潤いや、潤いバリア機能が高まるからです。

注意点

運動によって良い汗をかく事がアトピーに大切な事はわかりました。
ただその一方で、汗をかく事でアトピーを悪化せさない為の注意点を以下にまとめてみました。

有酸素運動

アトピーのあなたにおすすめの運動は有酸素運動です。
代表的なスポーツは、ウォーキング・ジョギング・サイクリングです。

有酸素運動は、軽~中程度の負荷を断続的にかける運動です。
これによって、酸素を使って、筋肉のエネルギー源である脂肪を燃焼する事が出来ます。(20分以上続ける事で、脂肪の燃焼が始まります。)

そして有酸素運動の中でも特におすすめなのがウォーキングです。
子供からお年寄りまで気軽にそしてお金をかけずに、健康維持の為に行う事が出来ます。

歩くスピードは、少し心臓の鼓動が高鳴る程度で且つ、薄っすらと汗をかく程度が理想的です。
薄っすらと汗をかく程度であればアトピーに染みたり、痒くなったりするのも、限定的です。

汗をかいたら

もちろんウォーキング中に汗をかいたら、しっかりとタオルで汗を拭く。

それでも我慢出来ない場合は、保冷剤を持ち歩いて患部を冷やす事で、痒みの神経を抑える事が出来るので、あなたも試してみる価値有りです!

時間帯

出来れば日中よりも、日が落ちる夕方~夜。または明け方などの涼しいうちがおすすめです。
日中だとどうしても、湿度や、太陽の熱さで余分な汗をかいてしまいます。
さらにアトピーの悪化原因の1つである紫外線を浴びずに済みます。
(一番理想的なのは、ジムに行く事です。天候や紫外線に左右されずに運動を行う事が出来ます。)

服装

服装は通気性のよい綿のシャツや、速乾シャツなどもおすすめです。
(速乾シャツだと、汗をかいてもすぐに吸収・速乾性効果があり、熱が身体にこもりにくく、さらっとした着心地感が続きます。)

スキンケア

ウォーキングの後は、シャワーで汗や身体についたホコリを手につけた石鹸で軽く洗い流します。
その後化粧水などの保湿化粧品を使って、しっかりと全身の保湿ケアを行います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?運動して良い汗をかく事は、アトピーを改善する為には、非常に重要である事がわかりました。

ただし汗腺の数は子供の時に決まると言われています。
さらにアトピーのヒトは汗をかきにくいヒトが多いとも聞いた事があります。(ちなみに私は汗っかきですが。)

例え汗腺の数が少なくて、汗をかきにくくても、やはり少しでも良い汗をかく為に、ウォーキングなどの軽めの運動を毎日30分以上は続けた方が良いと思います。(ストレス解消や、成人病の予防にも繋がりますし。)

冒頭でも述べましたように、私は去年の3月からジムで週4で30分間(約3km)程度歩いています。

ジムで運動をするようになってから、アトピーもそれなりに不摂生な生活をしていると、出たりもしますが、わりと現在では、症状が落ち着いた状況下になってきました。
(何よりもメタボ気味だったお腹が引き締まってきて、体重も3kg近くも痩せる事ができましたし。)

よってアトピーにお悩みのあなたも、1日30分程度のウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか?
(さらに私は、歩く事が習慣化してしまったので、毎日歩かないと気が済まない身体になってしまいました。笑)

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-運動
-, ,