お肌の善玉菌でアトピー対策|善玉菌の育て方の紹介!

投稿日:2018年11月18日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

先日、朝の情報番組「モーニングショー」の特集で、善玉菌の育て方について紹介されていました。

結論から先に言うと、お肌の善玉菌を育てる事で、うるおい効果による乾燥肌や、アトピー対策につながるそうです。

そこで誰でも簡単に今日から始める事が出来る、お肌の善玉菌の育て方を今回あなたにもご紹介致します。

お肌にも善玉菌が存在する?

TVを見て初めて知ったんですが、皮膚にも『善玉菌』『悪玉菌』『日和見菌』の3種類があるんですね!

つまりそれは腸内細菌と同じような役割を果たしている事を意味しています!

善玉菌

表皮ブドウ球菌は、善玉菌です。
(皮脂や汗を餌にして、グリセリンなどの潤い成分を分泌してくれるので、乾燥肌を潤い肌に導いてくれる、皮膚にとって非常に重要な常在菌です。)

悪玉菌

その一方で、非常に厄介な存在なのが、『黄色ぶどう球菌』です。
(表皮ブドウ球菌と紛らわしいネイミングですが、皮膚上にこの黄色ブドウ球菌が増殖すると、アトピー性皮膚炎やニキビが悪化する原因になります。

日和見菌

そして「アラセチア酵母」及び「アクネ菌」は日和見菌扱いになっています。
つまり腸内環境と同じように、善玉菌or悪玉菌のどちらかが優位になった方の味方につくので、善玉菌と悪玉菌のバランスが取れている場合は、中立的な立場をとっている菌になります。

ちなみにアラセチア菌は、身体全体にわたって存在している、皮脂を好む真菌(カビ)で、主に背中ニキビの原因になります。
一方のアクネ菌は、顔に多く存在している菌なので、顔ニキビの原因となります。(アクネ菌は、ニキビのCMでよく聞く言葉ですよね?)

アトピーと善玉菌or悪玉菌との関係について

アトピーや乾燥肌やニキビなどのトラブル肌をケアする為には、上記でも述べたように、皮膚の善玉菌を増やす事。つまり育てる事が1つの鍵になってきます!

(実際にアトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚の常在菌を調べると、そのバランスが大きく崩れている事が多い事が、研究によってわかっています。)

私の皮膚もきっと、悪玉菌の黄色ぶどう球菌まみれになっていると思います゚(゚´Д`゚)゚
ちなみに善玉菌の『表皮ぶどう球菌』は、お肌のphが弱酸性の場合に最も活発に増えて、逆にアルカリ性に傾くと、その活動が弱まります。
(一方のアンチ悪玉菌の『黄色ぶどう球菌』は真逆で、アルカリ性の状態に傾くと、活発化し始めます。)

アトピー体質の人が悪玉菌が増えやすい理由とは?

アトピー体質の人は何らかの原因で、皮膚の常在菌のバランスが、アンバランスな状態になっている為に、常に悪玉菌の黄色ぶどう球菌が増殖中な状態下にあります。

さらにやっかいなのは、この黄色ぶどう球菌によって半端ない痒みが襲ってくるので、常に皮膚は傷だらけの状態になっています。
そしてこの傷口部分を隠れ蓑にして黄色ぶどう球菌がより一層、増殖し続けます。

これによっていつまでたっても痒い・痛い・じゅくじゅく・がさがさ状態の、非常に辛~い、慢性化したアトピー性皮膚炎に、私たちは悩まされ続ける事になります。

よっていかに悪玉菌を減らすとともに、善玉菌を増やして、日和見菌までを見方につけるかが?直近の私たちアトピー体質の人たちに課せられたミッションになってきます!

具体的な対策

ではアトピー改善の鍵を握る、皮膚の善玉菌を増やす為の方法を、お勉強して行きましょう!

洗顔

洗顔に関しては1日1回が理想的です。
(この場合の洗顔は、洗顔フォームや石鹸を使っての洗顔行為です。)

理由は1日に2~3回以上にわたる洗顔。つまり洗いすぎは、必要以上の皮脂を取り除いてしまい、善玉菌を減らす原因になります。
(夏は特に汗ばむ季節なので、マメに洗顔をしたくなり気持ちはわかりますが、女性であれば、帰宅後のメイク落としの1回だけに留めておいて、朝は水洗顔で済ませておくのが無難かもしれません。)

化粧品

使用する洗顔石鹸・化粧水・美容液・乳液選びも非常に重要です!

基本的には、界面活性剤・保存料・香料フリーの、お肌に優しい無添加タイプの化粧品をできる限り、高くても使用するようにします。
(理由は、化粧品に含まれているそれらの成分には、善玉菌の殺菌作用があるからです!)

入浴

入浴の順番や方法も非常に重要です。

【順番】は、湯船に浸かる前に身体を洗うのが基本です。
理由は先に湯船に入ってしまうと、毛穴が開くとともに、熱でお湯に皮脂が浮き出てしまうからです。

そして入浴時間に関しても、長風呂はNGです。同じく皮脂が浮き出てしまうからです。長くとも10分程度浸かる位がベストです!
さらに身体を洗う時も、タオルでゴシゴシと石鹸を付けて洗わずに、手の平を使って優しく洗うのが、善玉菌を減らさないポイントです!
入浴後の全身保湿もお忘れなく!

運動

運動で汗をかくことも、善玉菌を増やす為には、非常に重要な事です。
理由は、善玉菌は汗を餌にして増えて行くからです。

アトピー体質の人は、生まれつき汗をかきにくい、いわゆる汗腺の数が少なかったりする人が多いようです。
アトピーに染みて辛いかもしれませんが、善玉菌を増やす為に、ほんのりと汗ばむ程度の、1日30分前後のウォーキングから始めてみるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私も皮膚の常在菌に関する善玉菌の存在については、朝の情報番組「モーニングショー」の特集で初めて知りました。
こうして日常で簡単に出来る善玉菌を増やす為の方法を勉強してみると、出来ている点・全く出来ていない点のいずれともにありました。

洗顔に関しては夏場は必ず1日2回の洗顔をしていましたが、化粧品選びに関しては、なるべくお肌に優しい無添加化粧品を選ぶようにしているので
入浴に関しては、そもそも私自身湯船に入らずにシャワーだけで普段済ませているので、論外です。(´Д`;)

そして運動に関しては、2日に1度のペースでジムに行って、ロードランナーで毎回30分程度歩いているので

まぁ~そんな私でも、今はアトピーは非常に落ちついた、良好な状態ですので、よしとしましょう。

アトピーにお悩みのあなたも、是非上記のお肌の善玉菌を増やす方法をマスターして、アトピーが少しでも改善される事を、お祈り申し上げます。
最後までお付き合い誠にありがとうございました。(あなたの有益なアトピー情報になりうれば何よりです。)

>>合わせて読みたい善玉菌を増やす乾燥肌対策「蒸しタオルパック」方法はこちら

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-生活
-, ,

Copyright© アトピーいいもの情報見聞録[サプリやコスメの口コミレビュー体験談] , 2019 AllRights Reserved.