アトピーで肩こりが酷いあなたへ!その原因は実は○×にあった?

投稿日:

Facebook にシェア
Pocket

アトピーで肩こりが酷いあなたへ!もしかしてその原因はアレに原因があったのかもしれません!

今回肩こりに関して、凄い事に気が付いたのでアトピーのあなたにも情報を共有致します。

先月になって肩こりがず~っと酷い状態だったんです。普段私はデスクワークの仕事をしているので、頭を斜めに傾けた状態によって、首や肩に負担がかかっているのかなぁ?と思っていたんです。(さらに軽い頭痛や吐き気の症状も続きました。)

あまりにも肩こりが酷いので、100円ショップでぐりぐり棒を買ってきて、

肩のツボにあててグリグリしても、その時は痛気持ちよくてすっきりとしますが、すぐに肩が硬直状態になり、

肩こりが酷くなりました!どうしたもんかなぁ?と悩んでいた3日前!ある出来事によっていとも簡単に肩こりが治ったんです!

治った方法とは?

いつものように夜の11時頃だったでしょうか?ちょっと寝る前にポテチを食べてしまい、胃がむかむかしていたんです。
よって私は何気に冷蔵庫の中にあった飲むヨーグルトをコップ1杯飲んで寝ようとしたんです。

するとヨーグルトを飲んで約10分程経過した頃でしょうか?激しい腹痛に襲われて、トイレに駆け込んだです。

そして凄い勢いで溜まっていた便が大量に出ました!

トイレに籠る事約10分。ようやく腹痛の痛みから解放されて就寝。

朝起きてみると、なんと肩こりがすっきりと治っていたではありませんか!!!

これには本当にびっくりしました!

つまり肩こりの原因は、「便秘」だった訳なのです!!!

肩こりと便秘の関係とは?

私も今回色々とネット上で肩こりと便秘について調べてみたんですが、やはり2つには大きな関係性があるようです。

便秘になると、腸内で発生した毒素によって、自律神経の乱れを生じさせて、今回私が経験したように肩こりや頭痛が起きやすくなる訳なのです!
ちなみに自律神経は、内臓器官を調整する働きがある一方で、私たちの意志でコントロールする事が出来ません!

つまり排出されるべき毒素が体内に停留してしまい、それが肩こりと言うサインになって、SOSを発信していると言う訳なのです。

なので、根本原因である便秘を治さなければ、肩こりは一生治らないに等しいのです!
(道理で、肩をもんだり、肩こりに効くツボをぐりぐりしても、治らなかった訳です!)

てっきり便秘になると、

・お腹が張ってくる
・吹き出物がでやすくなる
・口臭がキツクなる

これらの症状位しか思いつきませんでした。
後、私はアトピーなので、アトピーの症状も酷くなるのもありますよね?

便秘改善方法

お肌のトラブルや、成人病や、アレルギーや、肩こり・頭痛の危険性までも高まってくる便秘を、誰でも簡単に出来る便秘改善方法をご紹介致します!

朝お水を飲む

朝起きたらすぐにペットボトルやコップ1杯のお水を飲む事も非常に大切です。

その理由は、お水を飲むと大腸を刺激して、蠕動運動が活発になり、便意をもよおしくなりやすくなるからです!
なお水分不足は便秘になりやすくなりますので、便を柔らかくする意味でも1日に最低でも1Lのお水を飲むように心がけましょう!

ツボを押す

慢性的に便秘にお悩みのあなたは、ツボ押しも効果的です。
こちらのおへその左右にある天枢(てんすう)のツボは、腸の働きを活性化するツボです。

こういったツボを押す事で、便秘以外にも、デトックス効果が見込まれる為に、美肌やダイエット効果も期待する事が出来ます。

便意を感じたらすぐにトイレへ

その場の状況にもよりますが、少なくとも便意を感じたらすぐにトイレへ兆候する事が大切です!

そのまま忙しさにかまけて便意を我慢してしまうと、便意を感じる事が出来なくなり、腸の働きもストップしてしまい、慢性的な便秘へとつながります!

運動不足

運動不足は筋力の衰えにも繋がります。特にお腹の筋肉は、腸の蠕動運動にも関与しています!

便秘にお悩みのあなたは、腹筋をしてお腹の筋肉を鍛えてみるのもおすすめです!

ストレス

ストレスも自律神経の乱れに繋がりやすくなる為に、結果的に便秘の大きな要因の1つとなります。
普通に仕事や育児や学校に行っている限り、ストレスを抱えずにやり過ごす事はほぼ不可能です!

強いストレスを感じて慢性的な便秘に陥っているあなたは、カラオケや、運動など、趣味に没頭する事で、ストレスを発散してみるのもおすすめです!

食物繊維不足

お野菜や穀物やイモ類に多く含まれている食物繊維不足も、便秘の原因になります。
ただ生野菜をしっかりと食べるだけではNGです。

食物繊維には水に溶けにくい『不溶性食物繊維』と、水に溶けやすい『水溶性食物繊維』の2種類があります。2:1の割合で摂取するのがおすすめと言われています。以下のそれぞれの役割をしっかりと理解して、不溶性・水溶性を多く含む食品を通じて、食物繊維をとる必要性があります!

『不溶性食物繊維』
胃や腸内で水分を吸収して、大きく膨らむので、これによって腸内の蠕動運動を活発にして、便通をよくする働きがあります。
(穀類、大豆、ゴボウ、小麦ふすまなどに多く含まれています。)
『水溶性食物繊維』
腸内の老廃物をからめとって、便から外に排出させる働きがあります。
また食後の糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。
(キャベツやわかめや昆布などの海藻類。みかんやリンゴなどの果物に多く含まれています。)

発酵食品

発酵食品に含まれている乳酸菌は、腸内細菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれる働きがあります。これによって場内環境もよくなるので、便秘改善効果が多いに期待出来ます!

キムチ・納豆・ヨーグルト・オリゴ糖などを積極的にとるのもです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
非常に重篤な肩こりを私自身が経験して、その原因が、‘便秘’である事を知る事が出来ました。

便秘は肩こりだけでなく、肌荒れや成人病や、アトピーなどのアレルギーも悪化させる原因となります。

よってアトピーで肩こりが酷いあなたは、まずは腸内の環境を上記の方法で整えてあげる事からはじめてみてはいかがでしょうか?

そうすれば、肩こりや、免疫機能を司る腸内が正常のモノとなり、免疫機能の暴走が起こりにくくなるので、アトピーも改善する事でしょう!

今日の格言は、腸内を制するモノは、アトピーも制する!でした。
Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-生活
-, , ,

Copyright© アトピーいいもの情報見聞録[サプリやコスメの口コミレビュー体験談] , 2019 AllRights Reserved.