コラーゲンを多く含む食べ物ランキング

投稿日:2015年9月7日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

コラーゲンを多く含む食べ物についてランキングでご紹介致します。

コラーゲンはお肌にとってもアトピーにといっても重要な成分です。
なぜなら肌の真皮層の70%がコラーゲンで出来ているからです。

そしてコラーゲンはこの真皮層の中にある線維芽細胞によって生成される事によって生み出されていきます。
しかし40歳をピークにコラーゲンを生成する機能が低下し始めます。
(当然質と量も同時に低下してきます。)

それによって肌に弾力性が失われてたるみやシワの原因になってきます。

そこで経口からコラーゲンを多く含む食べ物を毎日の食生活に取り入れてやる必要があります。

ちなみにコラーゲンの1日の必要量の目安は1,000mg~5,000mgと言われています。

コラーゲンを多く含む食べ物ベスト5

コラーゲンを多く含む食べ物としては、
「豚足」「鶏皮」「牛スジ」「うなぎの蒲焼き」「ふかひれ」「ハモ」「ゼラチン」などが有名です。

コラーゲンを多く含む食べ物ベスト5は以下になります。
(100gあたり)

1 ふかひれ 9,920mg
2 ハモ(皮)7,660mg
3 うなぎの蒲焼き 5,530mg
4 牛スジ 4,980mg
5 鶏軟骨 4,000mg

一緒に摂る必要のある栄養素

コラーゲンと相性のよい栄養素はビタミンCです。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を活性化させる働きがあります。
よって一緒に摂るのが望ましいです。
(焼いた鶏肉にレモンを絞って食べるなど。)

ビタミンCを多く含む食べ物は、
「レモン」「アセロラ」「ゆず」「キウイ」「パセリ」「ブリッコリー」「赤ピーマン」などです。

食べ方

コラーゲンを多く含む食材の効率的な食べ方ですが、

手羽先やスペアリブのようなお肉は、皮にコラーゲンが沢山含まれているので、皮つきのまま食べます。
さらに豚足や鶏肉を煮た場合は、スープはもちろん煮汁も一緒に飲むようにした方が効果的です。
(なぜならコラーゲンは熱を加えると溶け出す性質があります。)

まとめ

いくらコラーゲンがお肌やアトピーによいと言われても、毎日沢山の量を摂るのは問題です。
コラーゲンを多く含む食材は非常に高カロリーなので。なによりも身体にもよくありません。(毎日沢山の量を摂るのも不経済ですし。)

かといって週1,2回の割合でまとめて摂取するのもよくありません。

よって毎日少しずつでもいいのでコラーゲンを多く含む食材を食べるのが理想的です。

>>すっぽんコラーゲンサプリ公式サイトはこちら

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-コラーゲン
-, , ,

Copyright© アトピーいいもの情報見聞録[サプリやコスメの口コミレビュー体験談] , 2020 AllRights Reserved.