妊娠中にDHAを取った方が子供のアトピーや脳の発達によい効果が

投稿日:2016年6月14日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

ハグラビ

妊娠中に摂取した方がよいあなたにおすすめのDHAサプリがハグラビです。

産まれてくるお子様をアトピーにさせない為にも、さらに脳の発育や学習能力を高める為にもDHAは非常に重要な成分だからです。

最近では産婦人科でも妊娠中や授乳中のママに対して葉酸と同様にDHA・EPAの摂取を推奨しているそうです。

DHAについて

DHA(ドコサヘキサエン酸)と呼ばれるオメガ3系の不飽和脂肪酸です。
人間の体内では作る事が出来ない為に食品から摂取する必要があります。
また体内ではEPA(エイコサペンタエン酸)が作られます。

主な効果

記憶力や学習能力の向上
アルツハイマーや認知症の改善
精神を安定にさせる
アレルギー(アトピーや花粉症や喘息)を緩和させる
血液をさらさらにする
視力を回復させる

多く含む食品(100gあたり)

1位)マイワシ(1381mg)
2位)マグロ(1288mg)
3位)サバ(1214mg)
(4位)ブリ(898mg)
(5位)サンマ(844mg)

まとめ

このようにEPAはアトピーや子供の学習能力を高める為に重要な成分であると言う事がわかります。
よって妊娠中からしっかりとEPAをとってやる事で、産まれてくるあなたのお子さんをアトピーにさせない。
さらに落ち着きのある記憶力の高いお子さんに育てあげると言った効果が期待できます。

ハグラビについて

ハグラビに含まれる主な成分は、

クリルオイル』南氷洋に住むオキアミから摂れるオイルです。
(EPAやDHAが豊富に含まれています。DHAの酸化から守るアスタキサンチンも配合されています。)
亜麻仁油』DHAを体内で生成する為に必要なα-リノレン酸やポリフェノールや食物繊維が豊富に含まれています。
その他にも『コラーゲン』『ヒアルロン酸』『エラスチン』などの美容成分も配合されています。

安全性についてもハグラビは、GMP(厚生労働大臣が定めた医薬品の品質管理基準)認定の工場で製造しています。
さらに重金属・放射能・残留農薬検査も行っているので妊娠中や授乳中のママも安心して服用して頂けるようになっています。

1日の摂取目安3粒でDHA・EPAを300mg摂取する事ができます。
ハグラビ

まとめ

厚生労働省が定める1日に必要なEPA・DHAの目安量は1,000mgと言われています。
しかし現在は魚嫌いな人が増えている兼ね合いでこの1,000mgと言う摂取量の目安に達している日本人は殆どいない状況です。

そう言った意味からもハグラビは不足しがちなEPA・DHAを補う為にも、さらに産まれてくる赤ちゃんをアトピーにさせない。
そして学習意欲や記憶力の高い子に育てる為にもおすすめのサプリです。
ハグラビ

今ならハグラビでは10日間の返金保証がついています。
あなたも安心してハグラビを試してみる事が出来ます。

>>赤ちゃんの為の新しいDHAサプリ【ハグラビ(Hug Lavie)】

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-DHA・EPA
-, , , ,