ハーブの休息をアトピーの私が飲んだ口コミ

投稿日:2017年3月7日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

あなたもハーブの休息でアトピーで精神が高ぶった状態を鎮めてみてはいかがでしょうか?

今回はハーブの休息を飲んでみました。
アトピーにも効果がありそうかなぁ?と思い、アトピーにお悩みのあなたにも情報共有致します。

ハーブについてのお勉強

ハーブと言えば、カモミールやレモングラスやミントやラベンダーなどが特に有名ですよね?
あなたもハーブティーを楽しんでみたり、ご家庭で栽培したり、料理に使ってみたりした事があるのではないでしょうか?

利用方法

ハーブは古代エジプトの時代から薬用植物として利用されており、現在では、ヨーロッパや日本を含む東南アジア地域では、

内服薬
外用薬
サプリメント
料理
お茶
芳香剤
防虫剤

などに幅広く利用されています。

主な効果

不眠症
咳止め(喘息/気管支炎)
整腸作用
消化作用
抗ウイルス作用
抗アレルギー作用
抗炎症作用
殺菌作用
利尿作用
婦人病(生理痛、生理不順)
皮膚病
貧血
更年期
止血
解熱作用
抗うつ
頭痛
デトックス作用

ハーブにはざっとこれだけの効果があり、まさに薬草の女王と呼んでもおかしくはないかもしれません。

アトピーに対する効果

ハーブには上記の効果をご覧頂いてもわかるように、

抗アレルギー作用
抗炎症作用
皮膚病

などにも効果があります。
つまりハーブを常日頃からあなたの生活にサプリやお茶やお風呂に取り入れる事で、抗アレルギー作用や抗炎症作用によって、あなたのアトピーの症状を穏やかなものにしてくれて、さらにハーブの持つデトックス作用によって、体の外へ毒素を排出させて、アトピー性皮膚炎の体質改善効果も期待できます。

またハーブは興奮した精神状態をリラックスした状態へと導いてくれる働きもあります。
(アトピーの痒みで興奮著しい精神状態を落ち着かせてくれて、安眠状態にもしてくれる働きもあると言う訳です。)

以上の理由からハーブは、アトピーにも非常に効果的であると言う事がわかります。

ハーブの休息飲用体験談

ハーブの休息の飲用体験談のまとめです。

商品のコンセプト

ハーブの休息には24種類ものハーブが含まれています。
(クワンソウ、カモミール、ラベンダー、レモンバームetc)
これらの24種類のハーブが、あなたの睡眠の質をサポートしてくれて、不眠症にお悩みのあなたに有効的に働いてくれると言う訳です。

原材料名

レモン果汁、レモンバームエキス、野草十七茶エキス(ハブ草、ハトムギ、ハマ茶、熊笹、ドクダミ、甘草、紅花、スギナ、アマチャズル、柿葉、ビワ葉、ヨモギ、クコ葉、みかんの皮、オオバコ、シゾ、グァバ茶)カモミールエキス、ナツメキス、ユリ根エキス、ラベンダーエキス、クワンソウエキス、バレリアンエキス、米麦芽抽出物、シクロデキストリン、テアニン、酸味料(フィチン酸)、香料(オレンジ由来)、
甘味料(ステビア、スクラロース)

服用方法

ハーブの休息の服用方法なんですが、

1日あたり専用カップの約17~25MLを目安に、ストレート。もしくはあなたのおすすめのお飲み物に混ぜて服用して行きます。

カロリー

ハーブの休息のカロリーは25MLあたり11.75kcalになります。

飲んだ味の感想

ハーブの休息の味は、殆ど癖もなくほんのりと甘酸っぱい味のするドリンクでした。
後味もさっぱりとして、非常に飲みやすくておいしかったです。
(お子様もきっとストレートで飲んでも嫌がらない味だと思います。)

効果のまとめ

ハーブの休息は、寝る1時間前とかお風呂上り後に飲むのが効果的だと思います。
ハーブの休息を飲むと私は自然と寝つきがよくなり、お布団の中に入るとすぐに寝落ちして、夜中に目を覚ます事もなくなりました。
質のよい睡眠がとれるようになったお蔭で、なんとも言えない心地のよい朝の目覚めを迎える事が出来るようになりました。

アトピーを改善する為には、質の良い睡眠をとる事も非常に重要です。
よってアトピーの痒みでなかなか寝付けないあなたも、ハーブの休息を飲んで安眠効果を誘ってみてはいかがでしょうか?

>>休息不足に24種類のハーブの力【Suyattoハーブの休息】

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-ハーブ
-, ,