ヒアルロン酸はアトピー改善の為に重要な成分です。

投稿日:2015年7月21日 更新日:

Facebook にシェア
Pocket

ヒアルロン酸はアトピー改善の為に重要な成分です。その理由をお話する前に、まずはヒアルロン酸についてお話をいたします。

ヒアルロン酸とは?

グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種です。
私たちの身体の中(皮膚、関節、目、脳)に多く存在している成分です。

大きな特徴としては細胞に水分を沢山溜める事ができるので、保水能力にたけている点です。
1gで約6000倍の6Lの水分保持能力があると言われています。

ヒアルロン酸の主な働き

  1. 肌の乾燥を防ぎ潤い肌を作る
  2. 肌にハリを与えてシワを予防する
  3. 関節痛をやわらげる
  4. 目の機能の回復(疲れ目・老眼etc)
  5. 更年期障害や生理痛の緩和

年齢とともに減少するヒアルロン酸

しかしヒアルロン酸は年齢とともに減ってきます。
30代から急激に減り始め、40代になると赤ちゃんの時に比べて半減(50%)して、60代以上になると1/4(25%)しかなくなります。

この数値からもわかるように赤ちゃんのお肌はぷるんぷるんでみずみずしいお肌に満ちているのは、コラーゲンの量が体内にあふれている証拠です。

逆に大人になってくるとお肌の弾力性がなくなり、ハリが失われてたるみやシワが増えてくるのは、コラーゲンの量が加齢原因によって減ってきている証拠なのです。

まとめ

よって減ってくるコラーゲンを補ってやる意味からも、外からはコラーゲン成分配合の化粧品を使って保湿をしたり、中からはコラーゲンサプリ(タブレットやドリンク)や注射によって補ってやる必要があるのです。

ヒアルロン酸には、「低分子ヒアルロン酸」と「高分子ヒアルロン酸」の2種類がありますが、サプリメントとしてヒアルロン酸をとる場合は、高分子ヒアルロン酸は小腸で吸収されにくいという特徴があり「低分子ヒアルロン酸」の方がよいと言われています。

なおコラーゲンと相性のよい成分としては、エラスチン、アントシアニン、ルテイン、コンドロイチン、ビタミン、ビタミンB群があります。

アトピー体質の人はヒアルロン酸の量が少ない?

アトピーの人の皮膚にはヒアルロン酸の量が少ないという事がわかっています。
(なんらかの原因によってヒアルロン酸の生成能力が普通の人に比べて劣っているのかもしれません。)

ヒアルロン酸は皮膚のバリア機能を正常にしてくれる働きがあります。

もっと具体的に言うと、皮膚のターンオーバー(皮膚が新しい細胞から古い細胞に生まれ変わる周期)が正常な人の場合は、45日と言われています。
(しかしアトピーの人はその半分にも満たない15日です。)

このターンオーバーの周期が短いと当然正常な角質層が作られなくなる為に、皮膚バリアも当然弱いままの状態にさらされて、紫外線やダニやチリやほこりなどのアレルゲン(外的刺激)がダイレクトに角質層のすきまから入ってくるので、アトピー特有の免疫機能の暴走が始まりあの強い炎症とかゆみが襲ってくる訳です。

よってアトピーを改善させる為には、皮膚のターンオーバーの周期を正常化して、角質層を丈夫にして皮膚のバリア機能を高める事が非常に重要な訳なのです。

その為にはアトピー性皮膚炎のあなたは、ヒアルロン酸サプリや化粧品を使用する事はアトピー改善の為に非常に重要な意味を成している訳なのです。

ヒアルロン美潤はお試し100円(税込)送料無料で試す事ができます!

>>ECM-Eの特許取得!低分子ヒアルロン酸がお試し100円!お申し込みはこちら

Facebook にシェア
Pocket

スポンサードリンク

-ヒアルロン酸
-,